睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

カフェインの過剰摂取で不眠になっているなら!

この記事は2分で読めます

bsYOTA85_megatukareta15140305

最近不眠気味だ・・・
カフェインの取りすぎかも?

 

カフェインの覚醒作用は仕事や勉強の際
には非常に活躍してくれます。

 

私も集中するためにカフェインを
摂取することがあります。

 

また、コーヒー好きの方も
カフェイン摂取量は多くなって
しまいますよね。

 

しかし、過剰にカフェインを摂取
してしまうと、

思っているよりも

睡眠に影響が出てきてしまうため、
注意したほうがいいです。

 

カフェインの過剰摂取による不眠

カフェインには集中力や記憶力を
アップさせる働きがあります。

 

そのため、仕事や勉強で
カフェインに頼ってる人も
多いと思います。

 

しかしながら、過剰摂取による
デメリットには気をつける
必要があります。

 

 

・不眠になる
・トイレが近くなる
・胃が荒れる
・感情が乱れる

 

 

などです。

 

コーヒーなどを毎日何杯も
飲んでいて、
眠れないと感じているなら
カフェインの摂取をやめてみましょう。

 

 

ただ、今まで当たり前のように
取っていたものをいきなりなくすのは
難しいと感じるかもしれません。

 

 

そういう場合にはまずは減らしてみる
ことから始めてみましょう。

 

カフェイン断ちの効果

カフェインを取らない、
もしくは減らすということを実践すると
どんなことが起こるのか?
というのを紹介します。

 

眠りにつきやすくなる

やはり、カフェインをやめることで
単純に、よく眠れるようになった
という人は多いです。

 

 

また、睡眠の質が向上し、
熟睡感を得られるようになります。

 

胃腸が荒れなくなる

 

これもデメリットであげたことですね。
カフェインをとらないことで、
胃腸のトラブルが減るようです。

 

イライラしなくなる

あなたはもしかすると、

無自覚にイライラしていたかも

しれません。

 

カフェインとの因果関係に気付いて
いなかっただけで、
今あなたは、
カフェインのせいでイライラしがちな
可能性があります。

 

不安感等も軽減されます。

 

他にも・・・

・肩こりの改善
・体のだるさが取れる
・貧血がなくなる

などなど

多くの好影響があるようです。

 

 

しかし、一番気にかかるのは、
カフェインによる集中力アップの
恩家に授かれなくなること
ではないですか?

カフェイン断ちによる生産性の変化

私もそうですが、コーヒーはただの
飲み物というより、
生活必需品です。

 

作業の生産性を上げるために、
なくてはならないものです。

 

だからこそ、やめるのは簡単ではない
と感じてしまいます。

 

でも、驚くことに、
カフェインを取らないようにすることで
生産性はむしろ上がるようです。

禁断症状

そんなわけない!と思う気持ちも
よくわかります。

 

自分もそうでしたが、
コーヒーを飲まないとボーッとして
まったく作業が捗りません。

 

実はカフェイン断ちをしても
すぐに生産性がアップするわけでは
ありません。

 

日常的にカフェインを取っていたのを
突然やめると、禁断症状が現れます。

 

これは2〜3週間続くようです。

生産性の向上

しかし、この禁断症状の期間を
抜けてしまうと、
急速に調子が良くなります。

 

さらに根気がかなりつくようです。

 

カフェインを燃料に生産性を
無理やりあげていた状態よりも
事態は良くなるわけです。

 

 

結果的に、
生産性と健康を手に入れられ、
イライラも少なくなるわけです。

 

 

最後に

ぜひカフェイン断ちを試してみて
ください。

 

不眠と一緒に他の問題も
解決されるかもしれません!

 

 

もちろんカフェインは悪だ!

と言っているわけでは

ありません。

 

 

少なくとも、

日常的に頼るのは

やめるべきです。

あわせて読みたい

  1. bsMOK_akubisurunyanko
  2. https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_rabenda--thumb-autox1000-12661
  3. 8d078546fe0931c636b0f0246c224e16_m
  4. 1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s
  5. 1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s
  6. cb7a82dbae5faf5dd57b091f6aad8b9d_m

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP