睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

一瞬で眠くなるための5つの方法!

この記事は3分で読めます

夜なかなか寝付けないと嫌な気持ちになりますよね。

一瞬で眠くなる方法ってないの?と思ってしまいます。

 

今回はなるべく早く眠りにつくための方法を

紹介します!

 

 

最低限気をつけること

まずは、眠くならない原因を排除する必要があります。

眠れない状態を作ってしまう原因としては、
以下の様なものがあります。

 

  • カフェイン
  • アルコール
  • タバコ
  • パソコン・スマホ

 

就寝前にこれらの刺激を受けてしまうと、
なかなか寝付けなくなってしまうのは

よく言われる話ですね。

 

まずは最低限、

寝る前にこういった刺激を受けないように
することが大切になります。

 

 

聴くと10分で眠くなる音楽

すぐに眠る方法として、まずおすすめしたいのが
睡眠用の BGM を聴くことです。

 

Youtube などにいくつもあるので、

自分が気に入るものを探してみると
いいかもしれません。

 

布団に入った状態でそういった音楽を聴くと、

すごくリラックスできて
すぐに眠くなることを実感できるはずです。

 

特におすすめなのが、「聴くと10分で眠くなる」

と話題のこちらの音楽。

 

 

ぜひ試してみてください。

 

 

眠る2時間前にお風呂に入る

MKJ_suicyuniukuahirucyan500

 

すぐに寝付いて、深い眠りを手に入れるための

有効な方法として、眠る2時間前にお風呂に入る

という方法があります。

もしくは有酸素運動をします。

 

人は、体温が低下していく過程で眠くなっていきます。
そのため、就寝2時間ほど前にお風呂に入る、

もしくは有酸素運動をしておくことで、
だんだんと体温が下がっていく状態で

眠りにつくことができるのです。

 

これによって、深い睡眠も得やすくなります。

 

ただし、熱すぎるお風呂や、

激しすぎる運動はよくありません。

自律神経が活発化してしまい、

逆に興奮してしまうからです。

 

 

ネガティブな思考を妨げる

どうしても眠れないと悩んでいる人の多くは、
就寝時にネガティブな思考が睡眠を妨げています。

 

「眠らなければ」と焦るほどに眠れなくなるという、
あの悪循環に陥っているのです。

 

これを回避するための方法としておすすめなのが、
脳内の思考を妨害してしまう方法です。

 

外国では「The」をたくさん想起するという方法が
用いられます。

 

日本バージョンとして、

「あ〜〜〜」と脳内で再生し続ける
というような方法があります。

 

「あ〜〜〜」が気に入らなければ

別の言葉でもいいですが、
とにかく無意味な思考によって

ネガティブな思考を止めることで、

自然と眠くなっていきます。

 

 

おなかに字を書く

おなかに字を書くという方法が「すぐに眠れる」と評判です。

 

基本的なやり方としては、

 

1.仰向けになる
2.片手を手のひらがお腹に向くように置く。
3.おなかの中にもう1つ手があると想像して、

  お腹に置いた手のひらに、

  数字の「1」を書くイメージをする。
4.書いた数字を黒板消しのようなもので

  ゆっくり消すイメージをする
5.次に「2」を書く
6.また消して、次は「3」を書く、

  というように繰り返す

 

このような方法がおすすめされています。

 

他にもアレンジしている人もいるようで、
それでも効果を実感しているようでした。

 

お腹にかぎらず、文字を書くイメージをすることで、
ネガティブな思考を妨げることに意味があります。

 

 

日記を書く

PAK85_yoteihyouwotukerubiz500

 

最後に、

ネガティブな思考を追い出す方法として

日記をおすすめします。

 

眠る前に嫌なことを思い出したり、
不安なことを考えたりして、悶々と過ごしてしまうと、

どんどん眠れなくなります。

 

そこで、頭のなかのことを

日記に全部書いてしまうのです。

 

自分が何を不安に思っているのか、

今日何を嫌だと感じたのか、などです。

 

こうしたことを一度紙に書き出してしまうことで、
頭の中が整理されてすっきりします。

 

ネガティブな思考がグルグルと脳内を

支配してしまうのを防ぐのに有効です。

 

 

それでも眠れないときには?

以上、5つの方法を紹介しました。

 

ここまでの方法で眠れる場合はいいですが、

もしそれでもなかなか眠れない場合は、

もう少し効果のある方法を試してみてください。

 

 

具体的には、睡眠サプリを活用する

という方法があります。

 

睡眠サプリは睡眠薬とは違い、

健康食品なので副作用や依存症などもなく、

睡眠に効果的な成分が多く含まれています。

 

日々継続していく必要はありますが、

1週間~2週間で睡眠改善効果が現れ、

すぐに眠ることも可能になります。

 

 

 

おすすめの睡眠サプリは?

もし睡眠サプリを試す場合は、

当サイトおすすめの睡眠サプリを試してみてください。

 

こちらの睡眠サプリです。

マインドガードDX 公式販売ページ

 

 

ドリンクタイプの睡眠サプリで、

ネットだけで5万本以上販売実績があり、

非常に口コミでも評価が高い睡眠サプリです。

しっかり眠りたいという方は、

ぜひ試してみてください。

 

マインドガードDXを試してみる

 

 

 

気持ちよく眠りたいなら睡眠サプリ試してみませんか?

しっかり眠るためには、生活習慣を整えるのが一番!
ですが、実際それを行うのは難しいですよね・・・。

そこでオススメなのが、「睡眠サプリで睡眠に良い栄養補助を行うこと」
睡眠サプリは食品で、睡眠薬とは違い副作用や依存の心配も無し!

気持ちよく眠るために、一度試してみませんか?

≫オススメ睡眠サプリはこちら≪

あわせて読みたい

  1. 086945
  2. 20130207rakugo_3
  3. bbf1fa3716b50bd5af471fc92a25025c_s
  4. 栄養
  5. 7662cc15f1d2d910dff6e793cd27f9d9_s
  6. 36148211348dbae1c90c28093dda1828_s

当サイトおすすめ睡眠サプリ

マインドガード
RETURN TOP