睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

眠れない時にも、簡単に眠くなる方法をご紹介します。

この記事は2分で読めます

明日は朝早いのに・・・、大事な約束があるからしっかり寝ておきたい・・・・、連日の疲れが取れないけど頭が妙に冴えて眠れない・・・

そんな時ありませんか?
寝たいけど眠れない、そんな時に焦って早く寝ようと思うと、逆に脳が覚醒してしまい寝つきにくくなってしまいます。

もし、あなたがこういった悩みをお持ちであれば、まずは眠くなりやすい環境を作ることが大切です。
十分な睡眠を取れないと、日常生活に支障をきたしてしまう事も考えられます。

・昼間の仕事中に眠くなる
・吐き気や胸焼け
・思考力、記憶力、集中力の低下
・免疫力低下
・肌への悪影響

ざっと上げただけでも、睡眠不足が招く被害はこれだけあります。
健康的な生活を送るためには、質の良い睡眠が不可欠だと言えます。

眠りたい時に、簡単に眠くなる方法

では、日頃から寝付きにくい人が、寝付きを良くするにはどうすれば良いのでしょうか?
そのためには、生活習慣を変えることが必要です。
毎日の習慣が今の自分を作っています。ということは、習慣を変えることで結果が変わるといえます。

また、どうしてもしっかり眠りたい!という時には、以下の事を試してみてください。

1 お風呂は、しっかり湯船に浸かりましょう。
忙しくて、毎日のお風呂はシャワーだけ、という方は多いと思います。
しかしそんな生活を送っていていは、疲れも取れにくくなり、寝付きが悪い人にとっては悪影響になってしまいます。

湯船に浸かることで、ヒートショックプロテインと呼ばれる疲労回復効果を得ることが出来ます。
これは、湯船に2-30分程度入ることで、熱によって疲労を修復する効果です。
これにより、疲れが取れやすくリラックスして布団に入ることが可能になります。

2 寝る前に強い刺激は受けないようにする。
強い刺激とは、例えばテレビ、スマホの光、カフェイン、アルコールなどです。
これらは脳を活性化してしまうので、寝る前は避ける事が懸命です。

3 ゆったりとした音楽をかける
質の良い睡眠を取るためには、リラックスして眠ることが不可欠です。
そのためには、クラシックやヒーリング系の音楽を流し、ゆったりとした時間を過ごしてみると良いです。

4 難しい本を読む
物語に入り込んでしまうような小説は、脳が活性化してしまい、逆に眠りづらくなります。
むしろ何が書いてあるかわからない、といった難解な本を読むことで理解も出来ないので徐々に眠気が出てきます。
子供の頃から、本を読んだら寝る、という感覚はほとんどの人は持っていますので、その効果も期待できます。

こちらで紹介した方法は、あくまで対処療法に過ぎません。
大切なことは、普段から寝付きが良くなるような生活習慣を送ることです。
それにより、特別な用事がなくても勝手に目が覚めるようになってきます。

ぜひ、今日からできる事を試して頂き、自分に合うものは引き続き継続して欲しいと思います。
毎日の小さな変化の積み重ねが、寝つきやすい体を作ることに繋がっていきますよ!

気持ちよく眠りたいなら睡眠サプリ試してみませんか?

しっかり眠るためには、生活習慣を整えるのが一番!
ですが、実際それを行うのは難しいですよね・・・。

そこでオススメなのが、「睡眠サプリで睡眠に良い栄養補助を行うこと」
睡眠サプリは食品で、睡眠薬とは違い副作用や依存の心配も無し!

気持ちよく眠るために、一度試してみませんか?

≫オススメ睡眠サプリはこちら≪

あわせて読みたい

  1. OZP73_atamagawareruyouniitai20130707500
  2. kaizen
  3. bsGreen18_nakunaru20141123143758
  4. https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-05-LIG63_sabisikubentou20130713500-thumb-1000xauto-4603
  5. life_38_mika
  6. 8635ec3a52a973fd386d51894647f4a1_s

当サイトおすすめ睡眠サプリ

マインドガード
RETURN TOP