睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

睡眠の質が悪いと感じるときの対処法!

この記事は2分で読めます

 

 

就寝の少し前からの時間というのは、質の高い睡眠にとって非常に重要です。

 

今回は寝る前の時間を大切にすることで、

睡眠の質が悪いのをなんとかする方法を紹介します。

 

就寝前の習慣

まずは、深い睡眠を妨げる習慣を排除します。
カフェイン、アルコール、タバコ、スマホ・パソコン
などは就寝前は避けましょう。

 

そして食事も寝る前はとらないようにしましょう。
せめて3時間前までには夕飯を済ました方が良いです。

寝ている間に消化が続いていると、その分休息が妨げられます。

 

就寝前のリラックスの重要性

こうした、眠る前に避けるべきことに注意するのはもちろんですが、
なるべくリラックスした時間を就寝前に過ごすことがすごく大切になります。

 

実は、寝る前に考えていることというのは睡眠に大きく影響します。
色々なことを考えながら眠ってしまうと、
体は休んでいるのに、脳は休めていないという状態になってしまい、

浅い眠りになってしまいます。

 

寝室に行く前になるべくリラックスしておいて、
幸せな気分で眠りにつくのがベストです。

就寝前にリラックスするための方法をいくつか紹介します。

 

音楽

一番リラクゼーション効果が感じられて、
かつ簡単にできるのは、BGM を流すことでしょう。

 

youtube などを探すと、睡眠用やリラックス用の BGM がたくさん見つかります。
自分が好きな音楽を聴くのもよいでしょう。

 

ただし、ゆったりとしたテンポの落ち着ける曲を
寝る前は選曲するのがいいでしょう。

 

飲み物でリラックス

TSU92_shizukugaturanarumilk500

 

リラックスに飲み物を利用するのもひとつの手です。

例えば、眠れない時にはホットミルクがいいというのはよく聞きますよね。

 

他にもノンカフェインのハーブティーなどには、
リラックスさせる作用を持っているものもあります。

 

代表的なものにカモミールというハーブがあります。
これの入ったハーブティーは就寝前に飲むのに適しています。

ぜひ試してみてください。

 

ろうそく

MOK_hunikiwodasuakari500

ろうそくを見つめることで、心を落ち着かせるという方法もあります。

ろうそくに火を付けて、ただじっと見つめます。
何も考えずにボーッと見るようにするのです。

 

ろうそくの炎は「f分の1ゆらぎ」という、特徴的な揺らぎ方をしていて、
リラックスした状態のときにでる脳波である、アルファ波の発生を
促します。

 

イライラしたり、ネガティブな考えが浮かぶようなときには、
ろうそくを見つめてから就寝に向かうといいかもしれません。

まとめ

睡眠の質が悪いときには、就寝前の時間を見直すことが有効です。

できるだけリラックスできる時間をつくって、

眠る前には穏やかな気持ちで布団に入るのが理想的です。

 

そして、できるだけすぐに寝付けると
深い眠りに入りやすいのです。

 

自分なりにリラックスできる習慣を見つけて、
深い眠りを手に入れて下さい。

あわせて読みたい

  1. 8635ec3a52a973fd386d51894647f4a1_s
  2. 379749e6ab4993183f540020458dee8f_m
  3. 36148211348dbae1c90c28093dda1828_s
  4. PPU_asufarutodebakusuineko500
  5. C0D6A4C1A4E3A4F3A1A1A5A4A5E9A5B9A5C8B2E8C1FC
  6. 086945

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP