睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

産後寝付けない方の原因と対策について

この記事は5分で読めます

最近では「夫婦一緒に子育てする」という考え方が、女性の社会進出、育児書や育児雑誌が皮切りとなり、一般的になってきました。

ここでは育児に奮闘する男女が抱える「眠れない」という問題の中で、

1 産後の女性の体の変化
2 男女が抱えるストレス
3 ゆっくりとりたい産後の休息

について考えていきたいと思います。

 

1 産後の女性の体の変化

 

出産は女性に、手術後と同じぐらい大きな負荷をかけます。

場合によっては命を失うこともあるのです。

 

「母子ともに健康」と医師に告げられ、ほっと一安心するのはどの家族も同じだと思います。

でもここはゴールではありません。

 

これから、女性の体は妊娠前の体に戻るため大きく変化していきます。

その変化のなかで女性たちは悲鳴を上げています。後陣痛、縫合部の痛み、腰痛、股関節痛、頭痛、肩こり、などで個人差はありますが、安眠とは程遠い辛い夜を過ごすことになるのです。

産後1ヶ月は常に緊張していて交感神経が優位な状態になっているので、リラックスできる副交感神経を優位にするような環境に切り替える工夫(光環境の調整)が必要です。
2ヶ月目以降は緊張している全身をリラックスさせるためにストレッチ、ヨガ、骨盤呼吸、筋弛緩法などを行い、副交感神経を優位な状態に切り替えて質のよい眠りを目指しましょう。

 

2 男女が抱えるストレス

産後2~3日目になるとマタニティブルーズになるといわれています。
症状は、情緒不安定(突然泣いたと思ったらもう笑っているなど感情がくるくる変わる)、眠れない、気分が落ち込む、不安感、注意散漫、イライラ感など。

10日~2週間位であまり気にならなくなります。またホルモンバランスの乱れや慣れない育児による疲れ、それに付随する睡眠不足、育児に対するプレッシャー、孤独感などがマタニティブルーズとなる要因とされています。
一過性のものとはいえ、その最中の苦しさや不安は女性を悩ませます。
個人差がありますが、その辛さや悩みをわかってくれる人がいるとずいぶん気持ちが楽になるのではないでしょうか?パートナーや家族、身近な人でもいいですし、身近な人に話しにくいのなら産科の医師や主治医に相談してみましょう。

 

「産後うつ」は病気なので治療が必要です

産後うつとマタニティブルーズは深くかかわっていますが、別のものです。
マタニティブルーズは一過性のもので、特に治療は必要ありませんが、産後うつは病気であり、専門家による治療が必要です。

症状は、産後数週間から数ヶ月以内に不眠(*1)、食欲不振、涙もろくなる、不安感、意欲の低下(*2)、悲観的(*3)、自信喪失・自責感(*4)などが挙げられます。
マタニティブルーズの症状が落ち着くとされる2週間経っても症状が改善しない場合は、できるだけ早く専門機関を受診してください。
うつはひどくなると行動・思考ともに制限され、自分の無力さを責めたり、楽になりたいと思ったりで、自殺するなど危機的状況になります。

大切な人たちと生きていくために家族で協力して病気を治しましょう。

(*1)寝つきが悪い、寝ていてもすぐに目が覚める、眠りが浅い

(*2)育児が苦痛になる・何もする気にならない等

(*3)不幸感・子供や自分の将来の事など、何事も悲観的に考えてしまう等

(*4)育児に対する自信がない・自分の子供なのか実感がない等

 

男性が苦しんでいる パタニティブルー(産後うつ)

男性(若い方は特に)の場合、子どもの誕生で、今までとは全く違う赤ちゃん中心の環境になったことに戸惑ってしまったり、父親になることの準備ができなかったり、社会的・経済的に大きなプレシャーがあったりするため、パタニティブルーになってしまうそうです。

それも10人に1人という結構高い割合で発症しているとのことでかなり深刻です。


症状としては眠れない、頭痛、胃痛、倦怠感それと情緒不安定です。
なお育児に積極的な男性ほどのリスクがあるという報告があります。
産後うつはもちろん本人が一番辛いのですが、最近子どもへの悪影響が心配されています。
子どもの言葉の発達が遅かったり、一緒に歌ったり読み聞かせたりについて「うつ」の父親の家庭は、そうでない家庭より少ないという報告もあります。
さらにパタニティブルーの男性が子どもに虐待するケースもあり、症状が悪化する前に近くの心療内科医や精神科医といった専門家に相談する必要があります。
なお、初診の前にパタニティブルーの相談にのってくれるかあらかじめ確かめておきましょう。

時間とお金だけ費やして、「うちでは扱っていません」なんていわれたらショックですよね。

 

3 ゆっくりとりたい産後の休息

産後の女性のからだは大きなダメージを受けており、最低でも1ヶ月の療養が必要とされています。1ヶ月は自分のからだの回復と、育児に専念しましょう。

ここで無理をしては絶対にいけません。若いときはよくても、下手に動いてぐらぐらしていた骨盤がゆがみ、ある年齢に達したら原因不明の腰痛に…なんてことにもなりかねません。
そうなると今度は、今まで女性がやっていた家事を誰が引き継ぐのかという問題に直面します。主に5つのパターンが考えられます。

実家に帰る

このパターンで大事なのは「産後のからだを配慮する」と言う認識で迎えてくれるかどうか、にかかっています。この認識がないとどうなるか。
留守番や家事手伝いをあてにされ、少しも休めないどころか体調を崩すなどの可能性があります。また産前産後の女性は敏感になるので、相手の言い方ひとつで衝突しかねません。
最悪、親子間にわだかまりが残るなんてことも考えられます。

両親に自宅に来てもらう

最近はこのパターンが一番多く、大体うまくいっていて、産後の女性が「両親が来てくれてよかった」と思うそうです。
しかし育児や家事のやり方について女性と両親が言い合いになることはあるようです。

夫と二人、自宅でがんばる

男性が産休を取れたとしても、いつもの倍の家事と3倍の洗濯物を片付けることになり、産休が取れない場合は仕事を1日こなし、さらに家事全部を引き受けることになります。

プロに頼む

多くの家事代行の商品に産前産後をサポートするパックなどが設定されていて1か月10万円台から20万円台まで(富裕層向けはさらに高額になります)とサービス内容や時間等で、違いはありますが充実した内容となっています。
また託児サービスは歌舞伎座・国立新美術館、デパートなどに併設されています。
ただ場所にもよりますが、多くは富裕層向けの料金設定になっています。

行政のサポート事業を利用する

各自治体に産前産後をサポートする事業があり、利用料は収入により1時間当たり~1,000円台後半までと民間の産前産後サービスよりずっと安い料金で利用でます。
ただし条件が2つあって1つは「市・県民税を収めていること」、もう1つは「産前産後の体調不良で家事育児ができない。
さらに日中お母さんと赤ちゃんだけで他に家族がだれも家事の手伝いに来てくれない」というものです。


経済的に余裕があるかないかの差が、産後の女性のQOL(生活の質)の差になっているようです。
ですが今の日本は多くの世帯が、経済的に余裕がないといわれています。

つまり貧富の差が激しくなったということです。
ということは民間のプロに頼むことができる家庭は限られているかもしれません。
そうなると次に、夫に頼むパターンですが、夫が産休を取るための制度がありますし、妊娠出産で国や各自治体から補助金が出たりしますが、夫が働かずに育児に参加することが経済的・社会的には困難な可能性が高いです。
また赤ちゃんが家に来てからは洗濯の量だけでも大体普段の2~3倍になりますから夫だけのサポートでは産前・産後を乗り切れそうもありません。
後は帰省するか、自宅に両親を自宅に呼ぶか、行政のサポート事業を利用するかの選択になりますが、家族との人間関係がうまくいっているなら帰省するか、両親を自宅に呼ぶのがいいと思います。
ちなみにこの場合あらかじめ誰に何を頼むかをきちんとシミュレーションすることが大切です。道具の置き場所や使い方、家事のやりかた、産後の献立、上の子のお世話などをお願いする人にしっかり伝えましょう。

家族との人間関係がうまくいってないまたは手伝ってくれる家族がいないなどの場合は行政サービスを利用したほうがいいでしょう。

市・県民税を払っていれば、格安でプロの援助を受けられます。
ただし各自治体で細かい条件がそれぞれ違うので、どのような行政サービスがあるのか、どんな条件なのか、などをあらかじめ役所などで確認しておきましょう。お金に余裕がない場合は早めにいろいろなことを決めたり、調べたりしましょう。

お腹が大きくなってからだとちょっとしたことでも結構キツイですからね。

 

子どもの誕生は男女にとって喜びであると同時に心理的重圧でもあるようです。

女性の不眠は、感覚が敏感になっているせいで、音や光振動が安眠の邪魔をする等の物理的要因、寝酒やタバコ、アルコールの摂取等の化学的要因、体が妊娠前の状態に戻ろうとするために起きる痛み、慣れない育児による疲労、夜更かしによる体内時計の乱れ、といった生理学的要因、他の大人との会話がなくて子どもと2人きりでいると感じる孤独感、育児に対してうまく育てられるかという不安等の心理学的要因、育児に対してうまく金銭のやりくりができるか不安、家族や隣人とうまくやっていけるか不安等の社会的要因、という5種類の原因が複雑に絡み合っているのが原因です。

マタニティブルーズは時間が解決してくれますし、物理的要因は眠るときにできる限り取り除く、化学的要因もやめるもしくは避ける、生物学的要因と心理学的要因は医師や助産師もしくは家族・友人に相談する、社会学的要因は出産育児一時金や出産手当などの妊娠・出産でもらえるお金を利用する、公的機関が行っている子育て支援等を利用してお金を節約するなど工夫してみてください。

男性の不眠は主に産後うつが原因で慣れない育児による疲労、夜更かしによる体内時計の乱れ、といった生理学的要因、仕事との両立の難しさや周囲の無理解から孤独を感じてしまう育児に対してうまく育てられるかという不安等の心理学的要因、寝酒やタバコ、アルコールの摂取等の化学的要因、妻にかまってもらえない、友人や社会から切り離されるといった社会学的要因、などが考えられます。
産後うつは放っておくと重症化するので心療内科や精神科を受診しましょう。

そして晴れやかな気持ちで赤ちゃんを育てていきましょう。

あわせて読みたい

  1. life_33_mika
  2. 83ece63f171f50e24cec833b6b6a72f2_m
  3. pose_94_mika
  4. 61E2N7IDkkL._SL1200_
  5. a4fbc2330e42bb90ec657c044507421d_m
  6. 104692

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP