睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

運動で睡眠時間が短くなるって本当!?

この記事は2分で読めます

 

睡眠時間を短くして、活動できる時間を増やしたいけど、 睡眠不足で生産性が落ちてしまっては意味が無い…

そんな風に考える人も多いと思います。

 

健康的に睡眠時間を短縮する方法があったらいいですよね。

実は、運動することで睡眠時間を短くできるということが言われています。

 

ただ、この方法を実践する上での注意事項もあるので、 そのあたりも含めて今日はお伝えしていきたいと思います。

睡眠の質を高めて、睡眠時間を短くする

適度な運動をすることは、心身をリフレッシュさせて、 記憶力・集中力を高めます。

そうなると日中の作業の生産性が向上すると同時に、

ストレスが解消できることで 睡眠に必要な時間も少なくなることが期待できます。

 

運動にも色々ありますが、 簡単なところで言えば、軽めのジョギングなどがよいです。

 

ヨガには色々な要素が含まれていて、 自律神経の調整、血行の改善等が行われることで 自然と睡眠時間が短くなるようです。

 

睡眠時間を短くするために、運動をする時間が必要になるので、

1秒でも時間を多く持ちたいと思っている場合には 実践が難しいかもしれません。

 

しかし、運動することによって結果的に健康になって 生産性が上がって、しかも睡眠時間が短縮されるので、

メリットは大きいのではないかと思います。

運動する際の注意点

PP_gyoumuyoutokei500

 

運動をすることで、健康的に睡眠時間を減らせるという話をしてきましたが、 運動をする上で1つ注意すべき点があります。

それは運動をする時間帯です。

 

結論から言うと、夜の運動はおすすめしません。

 

人間の体温は、朝からだんだん上がっていって ピークの体温になります。

その後、体温が低下していって だんだんと眠くなっていって眠りにつきます。

 

夜運動してしまうと、体温が上がってしまって、 本来体温低下していって眠りにつくところで、 それが妨げられてしまうのですぐに寝付けなかったり 眠りの質が低下してしまうことになります。

 

ある研究結果によると、運動は夕食後のあまり遅くない 時間帯に適度に行うのが良いようです。

体温と睡眠の関係からこれがもっとも有効であると言われています。

まとめ

運動をすることで、健康的に睡眠時間が減らせるとともに 日中の活動の生産性も高まります。

もし、普段体を動かす機会が少ないという場合には、

意識的に運動する習慣を取り入れることで 生活の質が良くなるかもしれません。

 

あまり無理はせずに、軽めのジョギング程度から始めるのが 良いです。 まずは習慣化を目指しましょう。

生産性の向上を実感できれば、楽しくなって続けられるようになりますし、

ストレスが軽減されることで睡眠の質が向上します。

興味があればヨガなどを取り入れてみるのもいいかもしれません。


より上質な眠りの為の睡眠レポートをプレゼント!


睡眠レポート
・睡眠に役立つ12のヒント(無料)

・睡眠メール講座(無料,全5回)




眠れないと過去悩んできた管理人が
睡眠の悩みを改善した12のヒントをまとめました。

更に、より本質的で現実的な
睡眠の考え方や方法を凝縮した、
全5回の睡眠メール講座もお届け!







あわせて読みたい

  1. a2877e742dcd10a6df804b259e239ae7_s
  2. 20140307182206-240S
  3. 睡眠
  4. f1bf03d5-09ae-45d4-a72f-1d0bdad34db3-e1347894155765
  5. 食べ物の消化で眠くなる

評判の睡眠サプリを試してみた

RETURN TOP