睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

不眠対策にはツボが即効で効く!実際に効果を実感しやすいおすすめのツボ3選

この記事は3分で読めます

≫メアド登録のみで1万円が無料でもらえるキャンペーン≪

 

日本人の5人に1人は睡眠になにかしらの問題を抱えているといわれています。

すぐに眠れない入眠障害、
夜中に何回も起きてしまう睡眠障害、
夜十分寝ているはずなのに日中眠くなってしまう過眠症などなど
その悩みや症状は様々です。

 

 

 

睡眠障害はなかなか厄介な問題。
そもそも原因もわかりづらければ
仕事や家事に忙しかったり対策を寝るのも一苦労。

 

 

よく言われる対策として寝る前にスマホやパソコンを見ない、

寝る前にホットミルクを飲みましょう、
寝る数時間前には食事を控えましょうなどなど、
睡眠に効果がありそうだけど、継続して取り入れるのが難しい物ばかりですよね。

 

 

 

 

このように継続して何かをするのが苦手な人でもおすすめなのがツボ押しです。
ツボは場所と効果さえわかっていれば誰でも取り入れられますし、
毎日1分でも効果があります。

 

 

 

 

ツボ押しで効果を実感しつつ、
更に睡眠に効果のある習慣を別で取り入れていくのが効果的です。

 

 

 

そこで、今回は本サイトでも紹介してきた様々なツボのなかでも
特に効果を感じられたおすすめのツボトップ3を紹介致します。

 

 

第3位 合谷(ごうこく)

「合谷」は、万能のツボ・最強のツボと呼ばれており、全身のツボの中でも有名なツボです。

 

押すだけでも効果があると言われており、昔からセルフケアのツボとして重宝されてきました。

全身にあるツボのうち、脳に刺激が伝わりやすいと言われているツボで、入眠の際に特に効果があります。

 

 

ツボの探し方

4990644e15e513f92c1d81ac352956f7

人差し指と親指の骨が合流する場所から、ちょっと人差し指よりのところです。
触って見るとくぼみがあります。
親指で押すとジーンとくる所を見つけたらそこが合谷です。

 

 

押し方
200832982854109

 

写真のように逆の手の親指で、人差し指側の骨に向かって押します。
親指を、骨の真下にもぐりこませるつもりで指圧すると効果的です。

 

3~5秒押して、1秒休む。そしてまた3~5秒押す。       
このリズムで、3~5セット行ってください。

 

このツボは鎮静作用があり、自律神経を整える効果があります。

 

 

場所も見つけやすく、日常生活でもすぐに取り入れられるツボとしてはトップレベルです。
頭痛やいびきなどにも効果がある万能のツボで非常におすすめのツボです。

 

 

第2位 安眠(あんみん)

 

 

副交感神経優位にするツボの中でも、とくに安眠に効果があるツボです。
安眠の人ほど硬く凝っているので適度にほぐすイメージで押してみましょう。

 

 

ツボの探し方

2

 

耳の後ろ、頬杖をついたときに中指が当たるところ、そこから指一本上のところです。
睡眠不足のときは安眠のあたりを刺激してあげると良いでしょう

 

押し方

E5AE89E79CA0E38384E3839C5-thumbnail2

 

中指の腹で軽くゆっくり骨をなでるように指圧しましょう。
頭の後ろから反対側の手を回し
首を手のひらで包むようにして中指で刺激すると押しやすいです

強めにひと押し10~20秒ほどを
5~10回ほど繰り返すのが効果的です。

細かい場所や押し方については下記動画を参照してみてください。

 

 

 

パソコンやスマホを利用する人は目や首が疲れている事が多いです。
安眠を刺激するお事で副交感神経(リラックスさせる神経)を優位に働かせると同時に、
首周りの血流の循環をよくすることで脳の疲労物質を貯めこませない効果があります。

寝る前に押すと最も気持ちよく、効果が実感しやすいおすすめのツボです。

 

 

 

第1位 中衝(ちゅうしょう)

異常に眠気が起きた時に押すと目が覚め、
眠れなくて困っている時に押すと、体をリラックスさせて快眠の効果があります。

 

 

ツボの探し方

 

097e9060

中指の爪の底の線と、縦の線が交わるところから親指に3mmくらいいったところにある中衝というツボです。

 

 

押し方

tyousyou

爪か爪楊枝の裏側などで痛いと思うくらいの強さで
15秒間から60秒くらい、全身をリラックスしながら押すと効果的です。

 

 

 

ホンマでっかTVでも紹介されたツボで、入眠にも眠気対策にも効く不思議なツボです。
どんな時でもツボ押しが実行しやすく、寝る直前まで押し続けることもできます。
日常での取り入れ安さは群を抜いて良いので、まず最初にはじめて欲しいツボ押しの場所です。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

ツボは日常のなかで取り入れやすい不眠対策です。
その効果はあのWHOも公式に認めているほど。

 

 

ツボは何回も刺激することでどんどん効果が高まるので
気になったらツボを指圧する癖をつけるとその度に効果がでやすくなります。

 

 

 

眠る前にツボを刺激すると、
刺激されただけで脳が睡眠の体勢に入る効果もありますので
日常のなかでツボ押しをする癖をつけるようにしてみてくださいね。

 

 

まずはツボ押しから始めることで、自分に合った不眠対策を見つけてみてください。


≫メアド登録のみで1万円が無料でもらえるキャンペーン≪

あわせて読みたい

  1. 8d078546fe0931c636b0f0246c224e16_m
  2. 9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s
  3. NKJ56_aozoraran500
  4. 08410cffbeff3cdd6b4b4379b71d4100
  5. f1bf03d5-09ae-45d4-a72f-1d0bdad34db3-e1347894155765
  6. afaf239b38c4df86b008bc0f20634de8_m

評判の睡眠サプリを試してみた

RETURN TOP