睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

忙しい産後すぐのママのために。しっかりと睡眠を取るためには?

この記事は2分で読めます

生まれて間も無い赤ちゃんはとても手がかかります。

特に、生後6ヶ月程度までは夜泣きや授乳、オムツ交換などでどんどん睡眠時間が削られてしまいがちです。

それに加え、育児や姑との関係などによるストレスで、さらに眠れなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

大丈夫だと思っていてもいつの間にか睡眠が足りないと体が判断している場合もありますので、まずは自分が睡眠不足になっていないかチェックしてみてください。

浅い眠りを繰り返す

生後間も無い赤ちゃんは、夜泣きも多く十分な睡眠時間を取ることが難しいと思います。食事、トイレなど全てにおいてアピールする手段が泣くことしかないので仕方ないですね。

その結果、2時間おきに起こされてしまうなど、深い眠りに入る前に起きてしまうことを繰り返すようですと、睡眠不足になってしまいます。

浅い眠りはレム睡眠といい、体は休んでいるけど脳は起きている状態をいいます。

夢を見るのもレム睡眠中です。

授乳間隔が開かない

生まれて間も無い赤ちゃんは吸う力が弱く、その分授乳の回数が多くなってしまいます。新生児の授乳間隔は1〜3時間程度ですが、少し飲んでは寝てまたすぐ起きて、を繰り返しますので、まとまった睡眠を取りづらくなってしまうのが辛いところですね。

深夜の授乳とおむつ交換が頻繁

昼も夜も関係なく、授乳とオムツ交換で泣き出すことはとても多いです。

深夜に何度も起こされてしまうとストレスがたまってしまい、イライラして家族に当たってしまうという話もよく聞きますが、子育てでは避けて通れない道だと割り切った上で、隙間時間にしっかりと睡眠をとっていくことが大切です。


上記の3項目について「あるある」と思った方は、睡眠不足になっている可能性がとても高いです。

そんな睡眠時間がまとまって取れない忙しいママさんのために、オススメの方法をご紹介します。

隙間時間に昼寝をする

育児の初期は赤ちゃんが頻繁に泣いてしまうので、まとまって寝ようという気持ちは一旦置いておき、1日トータルの睡眠時間で考えることがオススメです。

1日7時間であれば夜は4時間しか眠れなくても、日中に2時間のお昼寝を2回挟むだけで満足感は格段に上がります。

目をつぶるだけでも睡眠効果はあります!

夜も昼もどうしても眠れない!という場合は、目をつぶるだけでも休息につながりますので、試してみることをオススメします。


参考:目を閉じるだけで睡眠効果が8割もあるって本当なのか??

そして、できるだけ夜はリラックスしましょう。

お風呂はシャワーだけでなく湯船にゆっくり浸かったり、お気に入りの香りがするアロマを焚いたり、電気は蛍光灯ではなく暖色系の明かりに変えてみる、夜はパソコンやスマホはいじらないなど、ちょっと意識するだけで体を休めることができます。

自分の時間を作りづらい育児期間だからこそ、旦那さんの理解を得ることはもちろんですが、空いた時間の使い方次第で睡眠効果を得ることが出来ますので、自分にあった方法を試してみてくださいね。

あわせて読みたい

  1. pose_94_mika
  2. 104692
  3. a4fbc2330e42bb90ec657c044507421d_m
  4. 7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s
  5. life_33_mika
  6. OZPA87_megaitaindesu20130707500

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP