睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

食事は睡眠の何時間前にとるのがベスト?

この記事は2分で読めます

食後に間隔を空けずにすぐ眠ってしまうのはよくない!

ということは多くの方が耳にしたことがあるかと思います。

 

睡眠の何時間前に食事を摂ったらいいのか?

なぜ食後すぐ寝てはいけないのか?

 

今回はこのようなお悩みをお持ちのあなたに

役に立つ情報をお届けします。

 

 

食事は睡眠の何時間前に摂るのがベスト?

ずばり結論から言ってしまうと、

「睡眠は寝る3時間前に摂取しておきましょう!」

 

もちろんこれは目安なのですが、

1番大事なのは、毎日同じ時間にバランスのよい食事を摂ることです。

 

後ほど、理由などは詳しく説明しますが、

簡単に言うと、食後すぐ寝てしまうということは、

胃が消化活動をしている状態で無理やり休息している

ということなのです。

 

胃が消化を完了するまでに早くて2時間~4時間かかると

言われております。

 

最低でもある程度、消化されてから眠るように心がけましょう。

 

食後すぐ寝てはいけない理由

食後すぐ寝てしまうというのは、睡眠だけでなく

身体の健康にとっても、大きな影響を及ぼしてきます。

 

では、なぜ食後すぐ寝てはいけないのでしょうか?

 

安眠効果が阻害されてしまう

食事の後というのは、食べたものを消化させるために

胃は活発に動いています。

 

熟睡するためは、

身体全体がリラックスした状態がベストです。

 

脳は休みたいのに、内臓が活発に動いていたら、

身体は十分な 休息はできません。

 

消化をするために胃が活発に動いている状態で寝るということは、

安眠効果を阻害してしまっているのです!

 

 

胃の機能が低下してしまう

睡眠状態というは、血液の循環が抑制されています。

 

十分な血液が通らないのに、

消化をするために胃が活動をしなければならない状態というのは、

とても胃に負担がかかっているのです。

 

しかも、十分に消化されないまま

腸へ流れてしまうので、うまく栄養を吸収できなくなってしまいます。

 

胃に負担がかかった状態が続くと、

機能が低下してしまうのです。

 

お肌がボロボロに…

今の時代、女性だけでなく男性の方でも

お肌には気を使っている方が多いですね。

 

睡眠前の食事はこの美肌の敵なのです!

 

なぜかと言うと、先ほど「安眠を阻害する」と言いました。

質の悪い睡眠をしていると美肌に重要な

成長ホルモンが分泌されにくいのです。

 

この成長ホルモンをしっかりと分泌させるためには、

胃が活発な状態になっているのはNGなのです。

 

 

まとめ

 このように寝る直前に食事を摂るということは、

睡眠だけでなく、身体の健康にまで影響してくるのです。

 

意識することは

寝る3時間前に食事を済ませておく

ということです。

 

良質な睡眠を確保するだけでなく、

しっかりと健康を維持していきましょう。

 

しっかりと睡眠がとれますように。

 

 


より上質な眠りの為の睡眠レポートをプレゼント!


睡眠レポート
・睡眠に役立つ12のヒント(無料)

・睡眠メール講座(無料,全5回)




眠れないと過去悩んできた管理人が
睡眠の悩みを改善した12のヒントをまとめました。

更に、より本質的で現実的な
睡眠の考え方や方法を凝縮した、
全5回の睡眠メール講座もお届け!







あわせて読みたい

  1. 9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s
  2. 眠り
  3. 7662cc15f1d2d910dff6e793cd27f9d9_s
  4. 栄養
  5. 睡眠を誘発する食べ物
  6. 08410cffbeff3cdd6b4b4379b71d4100

評判の睡眠サプリを試してみた

RETURN TOP