睡眠ハザードマップのすぐに眠くなる方法

睡眠にいい音楽!クラシックは安眠効果を期待できるの?

この記事は2分で読めます

あなたは夜眠れないときに、どんなことをしていますか?

 

音楽を聴くだけで睡眠を誘発することができることを知っていましたか?

音楽というのは、ジャンルによっては睡眠効果があるのです。

 

その音楽というのが

クラシックです。

 

今回はなぜクラシック音楽の効果や

効果的な聴き方について詳しく説明していきます。

 

クラシック音楽の効果

クラシック音楽は睡眠にいいということは

聴いたことがある方も多いかと思います。

 

日本睡眠学会もクラシックと睡眠については

実証しています

 

では、なぜクラシック音楽は睡眠にいいのでしょうか?

 

 

右脳を刺激する

クラシック音楽には、

右脳を刺激することで左脳を休ませてくれる効果があります。

 

ご存知の方も多いかとは思いますが、

人間の脳というのは、

  • 左脳(言語脳)
  • 右脳(非言語脳)

 

に別れています。

 

普段過ごしている時は、

左脳を主に使っている状態なのです。

ですので、左脳は右脳よりも疲れてしまうことが多く、

休息しないことが続くと、脳の思考力は低下します。

 

この左脳を休ませるためには、

右脳を刺激することが重要となってきます。

 

クラシック音楽を聴くことにより、

右脳を刺激し、左脳を休ませることができるのです。

 

 

アルファ波が出てくる

クラシック音楽は、

アルファ波という脳波を引き出す効果があります。

 

このアルファ波が出ている状態は、

リラックスして精神的に安定している状態です。

 

アルファ波は、

1/fゆらぎという周波数により、発生するのです。

 

例えば、自然現象ですと、、

川の流れの音や海の波の音もそれに当てはまります。

クラシック音楽にも、この「1/fゆらぎ」を発生させる効果があるのです。

 

そのことにより、リラックスした状態を作り、

睡眠の質も向上させるのです。

 

 

このようにクラッシック音楽というのは、

脳に直接働きかけることによって、リラックスした状態を作ってくれるのです。

 

 

 

寝る前のクラシックの聴き方

ただ単にクラシックを聴くことでも効果はありますが、

より安眠の効果を促す聴き方というのもあります。

 

ポイントをお伝えしますので、

ぜひ取り入れていい睡眠をとってください。

 

効果的な聴き方

  • 音楽を聴く前にコップ一杯の水を飲む(飲み過ぎは注意)
  • 部屋を薄暗くして、瞳を閉じながらヘッドフォンを使って聴く
  • 聴く時間は1回30分くらいを目安に
  • アロマテラピーやお香で嗅覚にも刺激を与える

 

このようにちょっとした工夫をしてクラシックを聴くことにより、

睡眠を誘発することができるのです。

 

ただ意識していただきたいことは、

リラックスして聴くことが1番です。

 

もし上記の聴き方で聴きづらいということがあれば、

ご自身で修正していただければと思います。

 

最後にオススメのクラシック音楽をご紹介します。

ぜひご参考にしていただければと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

いい睡眠ができますように。

気持ちよく眠りたいなら睡眠サプリ試してみませんか?

しっかり眠るためには、生活習慣を整えるのが一番!
ですが、実際それを行うのは難しいですよね・・・。

そこでオススメなのが、「睡眠サプリで睡眠に良い栄養補助を行うこと」
睡眠サプリは食品で、睡眠薬とは違い副作用や依存の心配も無し!

気持ちよく眠るために、一度試してみませんか?

≫オススメ睡眠サプリはこちら≪

あわせて読みたい

  1. 8d078546fe0931c636b0f0246c224e16_m
  2. 3176aaef356f7f0ecd69dd5f24d3a99e_m
  3. a4fbc2330e42bb90ec657c044507421d_m
  4. https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N811_iyahonongaku-thumb-1000xauto-14622
  5. C0D6A4C1A4E3A4F3A1A1A5A4A5E9A5B9A5C8B2E8C1FC
  6. c7d0b216253729f0dad7ca403c6ab494_s

当サイトおすすめ睡眠サプリ

マインドガード
RETURN TOP